猫のつぶやき(クリスマスツリーを見上げて)

画像なにかにつけて世の動きははやい。見上げるほどのクリスマスツリーが、それを実感させる。

小さなツリーを飾り、サンタがやって来る事を信じた子供達の期待に応えようと、私の方がワクワクした過ぎし日のことは、今思い出しても嬉しく懐かしい。

クリスマスもハローインも、他国の祭りではあっても、それに乗っかって楽しい思い出をたくさん溜めておくことは、時が経てば経つほど優しい笑顔になって戻って来るものだとつくずく実感させられる。

ささやかではあったけれど、クリスマスが近ずくと「あの小さなツリーはどうしたのだろう」
断捨離断捨離だと、自らを煽り立てて古いものを整理したけれど、今思うとあれは残しておけばよかったとも思う。

先日旅立った我が家のゴン(ねこ)の遺影の前に「お兄ちゃん達のお古だよ」と言って飾ってやれば、新品よりも大喜びをしたに違いない。


ファンタジー・SF小説ランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック