猫のつぶやき(悔いなし)

画像あの時こうしておけばよかったとか、もっと別の道があったのではないか。

人生の来た道をふと振り返ると、「後悔」と言う言葉が何度か心の隅でもがいたこともあったが、よくよく自分と対峙してみると、その時その時を精いっぱいの判断と決断で生きてきたのだ、何の後悔があろうか。

夢や希望や情熱に支えられた若い時代と違い、人間社会を長く経験してきたことで得た知恵を、ある時は支えに、ある時は鏡として歩んで来たのだ。

人生に悔いを残してはならない。それがわたしのモットーである。「後悔」している暇がないのだ。



人気ブログランキング「北の狩人」(上・下巻)。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック