猫のつぶやき(緊張感を持とう)

2019・令和元年の夏も終わる。いろいろあった。人生いろいろ、世界もいろいろ。 異常と言われた灼熱に屈することもなく、卓球教室は休まなかった。息が上がった割には腕はあがらないが、満足である。 「今年はスイカが沢山とれたのよ」 「イチジクが甘くてできがいい」 休憩時間も穏やかな話題が飛び交い、可もなく不可もない時はまた…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(ついに秋がやって来た)

体温を超える灼熱は、人間の脳みそまでも焼いてしまうほどに厳しかった。 世界のあちこちで狂ったように渦巻くトラブルは、メデイアという網を潜るごとに膨張し、嘘や欺瞞で振り上げた拳の先は、一体どこでどうするのか霧の中にあってまるで見えない。 嫌悪や憤懣をしばし何処かへ押しのけてしまうほどの今朝の風は、はっきりと秋を感じさせ…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(蝉の叫び)

夏は来てたんだ。何かのついでに 何かにくっついてきたような、そんな感じで今年の夏は始まった。 台風が連続で押し寄せた為か、気温と湿度が異常なまでの記録を作った。それだけでも暑いのに、某国から発せられる不快な感情の嵐に、嫌悪感はマックスとなり、盆と通常の境も曖昧ななうちに夏の半分を消失した。 地上で一週間の生涯を終えた蝉の…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(美しい国日本)

際限のない欲望、 乾いた人生観、 羞恥心というものを知らない。 14億という人間の集団が示すように、今や地球のあちこちでうごめく。 まるで、家の柱から壁から全てを食い尽くす白蟻の如き醜態。 南沙諸島も南シナ海も古代から我が国の領域だと言い張る。南沙諸島の領有を平然と主張する国に対…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(夏休みのあの日)

40日間の夏休みは、子供達の思い出ずくりに何か特別な事をしなければと思っていた。もう半世紀も経つが、このシーズンになると決まって思い出す。 ある日、隣町の海へ貝掘りに行くことになり、母の気持ちを笑顔で受けてくれて、子供達ははしゃいだ。海は誰のものでもない、皆んなのもの。この私の常識が見事に崩れた日でもあった。 「ここで貝を掘…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(居場所)

会社人間を卒業して10年を超え、充実の日々を過ごしている。そんなことを今更と失笑をかうだろうが、何処をどう見ても高齢者の顔ばかりが目立つ今の世相である。 どこの地域にも生涯教育として様々な教室を設け、自分に合った選択をし、場所と仲間を得、確たる居場所を確保する。 高齢者にとって、(居場所)はとても重要である。公民館のロビーや…
コメント:0

続きを読むread more