猫のつぶやき(無常ということ)

苗木から育てた名も知らない庭の木が私の背丈を超えるまでには、半世紀もの春秋を家族と共に味わったのである。 猫の額ほどの庭で、逞しく美しい姿を誇り、その場所で根を張り、風雪にもぐっと踏ん張ったのだ。 今年の夏は異常とも思える酷暑であった。その酷しさのせいか葉が一部分ずつ色あせていき、やがてひと枝ずつ枯れていくのです…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(月に行った人)

心の深くへは決してずかずか入り込むことはなかったけれど、お互いはいつも通じ合い、許し合った。彼女は中秋の名月の夜、すすきを取り損ねて崖から転落し、あっという間にこの世から消えてしまった。 彼女は『月』 がよく似合った人だった。今夜は雲間からそのまんまるい月が顔を出した。 「また会えたね、どおそっちは あちこちの国が月へ探査機…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(彼等はみんな素晴らしい)

散歩の道すがら、男の子と女の子の兄妹猫ちゃんが大事に飼われている家がある。そこを通るのが次第に楽しみになり、外に出ていないかとキョロキョロ期待して探している私は、ひょっとして不審者に間違えられそうだ。 我が家の猫ちゃんを昨年暮亡くしてからというもの、よそ様の大事な家族の一員であれ、空き家の軒先を寝ぐらとする名もなき彼等であれ、…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(喫茶店という居場所)

この場所を選ぶのは一体どのような人達か、周りをざっと見渡してみると、ほとんど、いやいや全員ネットに夢中になっていて、珈琲の香りばかりが宙を漂っている。 弾む声を制しながらひそひそと語り合うカップルなど見当たらない。この風景も当たり前のこととして受け止める時代なのだと今更ながら感じ入る。 珈琲通でもないわたしには、タリーズもシルビ…
コメント:0

続きを読むread more