猫のつぶやき(月に行った人)

心の深くへは決してずかずか入り込むことはなかったけれど、お互いはいつも通じ合い、許し合った。彼女は中秋の名月の夜、すすきを取り損ねて崖から転落し、あっという間にこの世から消えてしまった。 彼女は『月』 がよく似合った人だった。今夜は雲間からそのまんまるい月が顔を出した。 「また会えたね、どおそっちは あちこちの国が月へ探査機…
コメント:0

続きを読むread more