猫のつぶやき(時代と運)

02D5074B-2FEA-4C94-B40F-ED18945A31B0.jpeg

時代環境が人をつくり、運がその人生を大きく左右していく。ガムシャラに働き、大きく道を踏み外した訳でもなく、自分の分際で生きてきたとしても、こじんまりとしたただそれだけの結果に納得するしかないのがおおかたの人の人生だと思う。

結果など思いもしなければ考えもしなかった日々。それを青春時代と言うなら、その時代こそが、自分の人生の行く末を左右したようにも思える。
結果は甘んじて受けよう。「結果」という未知のことなど恐れることはない。よくも悪くもである。
しょせん人生の初めも終わる時も、独りだけの瞬間なのだから、自身の納得の道を閉ざしてはならない。やっと実感を持ってそう思える域にたっしたのであろうか。
心はいつも青春でありたい。悔いを残さぬためにも、未知への挑戦を忘れてはならない。

     たとえ明日地球が滅びるとも 君は今日リンゴの木を植える
                       (ゲオルグ)




人気ブログランキング

この記事へのコメント