猫のつぶやき(雑草の歌・2・・・露草)

 鉄道沿線に生きる私どもの仲間は、そりゃあかなりの種類でぎっしりと埋め尽くされておりますよ。それぞれの特徴は違ってはおりますが、桐の、私が代表して言わせてもらえば、彼等はこのような厳しい環境にあっても、誰も頼らず、何ものへも期待せず、そして誰をも恨まず、自分の限りを尽くして生きているということです。  人間の靴の下敷きになろうが、…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(雑草達の歌・1・・・桐)

『この道はいつか来た道・・・・・・』   北原白秋の歌が自然に口をついて出てくる朝の散歩道である。 いつか来たのではなく、日常的に行き来するこのコースは、何気なく通ればただの鉄道沿線に沿った通路でしかない。 ある日、足元で何かが触れたと思い立ち止まった。 「ん?」  「時には、この道沿いに生きる私どもにも目をやって…
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(守るということ)

何が何だか訳のわからぬ時代になったものだと痛感する。地球上がコロナに食い尽くされようかとさえ思える恐怖も少しは緩和したかにも見えたのに、またもやさらなる不安を掻き立てる懸案事項で、いつも曇天のもとにいるようで気の晴れることもない。コロナだけなら何とかなるが、尖閣諸島周辺の不穏な状況や、はたまた多くの嫌悪感を撒き散らす捏…
コメント:0

続きを読むread more