猫のつぶやき(雑草達の歌・1・・・桐)

『この道はいつか来た道・・・・・・』   北原白秋の歌が自然に口をついて出てくる朝の散歩道である。 いつか来たのではなく、日常的に行き来するこのコースは、何気なく通ればただの鉄道沿線に沿った通路でしかない。 ある日、足元で何かが触れたと思い立ち止まった。 「ん?」  「時には、この道沿いに生きる私どもにも目をやって…
コメント:0

続きを読むread more