テーマ:エッセイ

猫のつぶやき(月に行った人)

心の深くへは決してずかずか入り込むことはなかったけれど、お互いはいつも通じ合い、許し合った。彼女は中秋の名月の夜、すすきを取り損ねて崖から転落し、あっという間にこの世から消えてしまった。 彼女は『月』 がよく似合った人だった。今夜は雲間からそのまんまるい月が顔を出した。 「また会えたね、どおそっちは あちこちの国が月へ探査機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(彼等はみんな素晴らしい)

散歩の道すがら、男の子と女の子の兄妹猫ちゃんが大事に飼われている家がある。そこを通るのが次第に楽しみになり、外に出ていないかとキョロキョロ期待して探している私は、ひょっとして不審者に間違えられそうだ。 我が家の猫ちゃんを昨年暮亡くしてからというもの、よそ様の大事な家族の一員であれ、空き家の軒先を寝ぐらとする名もなき彼等であれ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(喫茶店という居場所)

この場所を選ぶのは一体どのような人達か、周りをざっと見渡してみると、ほとんど、いやいや全員ネットに夢中になっていて、珈琲の香りばかりが宙を漂っている。 弾む声を制しながらひそひそと語り合うカップルなど見当たらない。この風景も当たり前のこととして受け止める時代なのだと今更ながら感じ入る。 珈琲通でもないわたしには、タリーズもシルビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(緊張感を持とう)

2019・令和元年の夏も終わる。いろいろあった。人生いろいろ、世界もいろいろ。 異常と言われた灼熱に屈することもなく、卓球教室は休まなかった。息が上がった割には腕はあがらないが、満足である。 「今年はスイカが沢山とれたのよ」 「イチジクが甘くてできがいい」 休憩時間も穏やかな話題が飛び交い、可もなく不可もない時はまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(ついに秋がやって来た)

体温を超える灼熱は、人間の脳みそまでも焼いてしまうほどに厳しかった。 世界のあちこちで狂ったように渦巻くトラブルは、メデイアという網を潜るごとに膨張し、嘘や欺瞞で振り上げた拳の先は、一体どこでどうするのか霧の中にあってまるで見えない。 嫌悪や憤懣をしばし何処かへ押しのけてしまうほどの今朝の風は、はっきりと秋を感じさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(蝉の叫び)

夏は来てたんだ。何かのついでに 何かにくっついてきたような、そんな感じで今年の夏は始まった。 台風が連続で押し寄せた為か、気温と湿度が異常なまでの記録を作った。それだけでも暑いのに、某国から発せられる不快な感情の嵐に、嫌悪感はマックスとなり、盆と通常の境も曖昧ななうちに夏の半分を消失した。 地上で一週間の生涯を終えた蝉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(美しい国日本)

際限のない欲望、 乾いた人生観、 羞恥心というものを知らない。 14億という人間の集団が示すように、今や地球のあちこちでうごめく。 まるで、家の柱から壁から全てを食い尽くす白蟻の如き醜態。 南沙諸島も南シナ海も古代から我が国の領域だと言い張る。南沙諸島の領有を平然と主張する国に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(夏休みのあの日)

40日間の夏休みは、子供達の思い出ずくりに何か特別な事をしなければと思っていた。もう半世紀も経つが、このシーズンになると決まって思い出す。 ある日、隣町の海へ貝掘りに行くことになり、母の気持ちを笑顔で受けてくれて、子供達ははしゃいだ。海は誰のものでもない、皆んなのもの。この私の常識が見事に崩れた日でもあった。 「ここで貝を掘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(居場所)

会社人間を卒業して10年を超え、充実の日々を過ごしている。そんなことを今更と失笑をかうだろうが、何処をどう見ても高齢者の顔ばかりが目立つ今の世相である。 どこの地域にも生涯教育として様々な教室を設け、自分に合った選択をし、場所と仲間を得、確たる居場所を確保する。 高齢者にとって、(居場所)はとても重要である。公民館のロビーや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(笑いの王国)

テレビのワイドショウが延々と伝える報道は、大衆の興味を実に上手く誘導し、冷静になればなるほど、焦点のずれた気負いばかりが残る。話題の吉本興業と言えば、エンタツ・アチャコ が始めた喋くり漫才が大当たりした時代へと思いはさかのぼる。私はまだ子供だったけれど、ラジオにかじりついたものだ。 人を笑わせることは、泣かせることの比ではない。ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(チュウちゃんのお買い物)

お友達に頂いたのよ、チュウチャンを中に入れてあげるよ。 母さんは僕よりも弾んだ声でやたら興奮気味だ。 僕がキャッキャと喜びの雄叫びをあげると、 「いいでしょう!」 と何度も繰り返す。母さんが作った訳でもないのに と思うと、少々可笑しくもあったけれど、母さんの気持ちはよく分かる。 籠から顔を出したチュウちゃんは、とっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(小さな革命)

結構遠いと思った距離も、今では鼻歌を2・3曲口ずさむだけで着いてしまう。日の出の早い初夏の風景を満喫し、茶店のお決まりの席を1時間余り独占し、珈琲の香りとBGMに癒されながら、今日という時の始まりのスイッチを入れる。 何気ない朝の行動のようであるが、私にとって、大きな革命とも言えることなのである。 スイッチの入った今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(朝のおくりもの)

玄関のドアを開けると、色鮮やかな野菜達が今畑からやって来たのだと胸を張っていた。 トウモロコシは、ツンとすまし顔で濃いい緑の葉を大きく広げて見せ、胡瓜は艶やかに露を含んで、トマトの紅色をより引き立てているのはこの俺様だと言わんばかりにピンと背筋を伸ばして、ピーマンを押しのけるようにトマトの側へ寄り添う。 なんと美しく可憐な野菜達では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(ゴンちゃんのメッセージ)

こちらは、穏やかと言う言葉が相応しいところです母さん。そちらにいる時はあの世だとか、黄泉の国だとか様々な言葉を使って、特別視していました。地獄極楽があり、閻魔大王が居て地獄へ落ちる者、極楽へ迎えられる者を決定付けるのだとか。 違うんだよ母さん。誰が指示するのではなく、全ての生き物に上下はないんだよ。地球に住んでいた頃は何かと面倒な事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(ゴンちゃん! 僕には見えるんだ)

ゴンちゃんの話はいつも楽しく、笑いながらそれでいて僕の頭の芯をシャキッとさせる魅力があった。ゴンちゃんはこの塀の上で遠くを見ながらかなりの時間を過ごしていた。その姿が何とも暖かく感じられ、ほっとしたものだ。ある時僕は聞いてみた。 「ねえ ゴンちゃん この塀の上で一体何を考えているの? 」 「考える事………なにもないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき( ブログの効用 )

ブログを始めた頃のことを振り返る。もうかれこれ9年目になる。9年という歳月はあっと言う間であったようにも思えるが、人生最大の節目でもあった。 たかがブログ、されどブログ。当時のものを読み返して見ると、拙い文面ではあるがやる気満々の力を感じる。毎日のように書き綴った跡には、水門を開いて流れ下る水のように、激しくがむしゃらであり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(夢で逢いましょう)

人気アニメの影響で、今や百人一首のカルタ取りがとても流行っているらしい。 そういえば、同じような年齢だったろうか、正月の遊びはカルタ取りに熱中したものだ。もう70年も昔の思い出である。 母は白い割烹前掛けをして、畑のことなど忘れたかのように三が日を和かに過ごした。その姿を見て私は母の側を離れられなかった。兄や姉達が友達と出か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(いたどり)

あっと言う間に背丈を越えるほど伸びた(いたどり)を見ると、雑草としてやがて刈り取られるだろうことが哀れに思える。子供の頃、野山を我が庭のようにして遊んだわたしにとって、 雑草 と言う名で一括りにすることはできない。どんな小さな存在であれ、名もなき生物はない。 いたどり(虎杖)はすかんぽと呼ばれて、子供の頃よく食べたものだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(令和を生きる)

「令和」の御代を生きるのだ。 「令和」の御代を慈しみ、万物に感謝して生きよう。 昭和---平成---令和• テロップのように流れたのではない。立ち止まって振り返るほどの悠長すらなかったとも言える。今、世界に誇れるこの国に在ることが、どれ程幸せなことか。 来た道をふと振り返ると、これまで気付かなかったこと、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(沈黙は金なり)

平身低頭し、誰彼なく手を握り、家族にすら見せた事のない優しい笑顔をふんだんにばらまき、政治家としての承認のバッチをものにした時、国の為、国民の為と、大義名分をかざしたのも決して嘘ではないだろう。 政治家に限らず、どんなジャンルにも身の程知らずが往々にして存在する。(恥)知らずだとか、(恥)を知れとか昔はよく使われた言葉であったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶや(ふるさと)

「人はいざ 心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける」 平安時代の第一の歌人と言われる 紀貫之の 多くの 歌の中から、この一句が思い出される。 ふるさとは懐かしく愛しい。母が居てこそのふるさとであり、母が私の存在を認めて笑顔で包んでくれてこそのふるさとであった。私は母の生きた年齢を遥かに超え、周りの家々も代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(朝の楽しみ)

櫻井よしこ氏がある週刊誌へ連載の「ルネッサンス」は、早朝の散歩で立ち寄る喫茶店でのモーニングに欠かせない楽しみである。 彼女の的確でシャープな思考から、世界の中の日本と言う国の置かれている今や、これからどうすべきなのか、どのように頭脳を整理していけばいいのか。政治や経済がどのように動いて行くのか。 彼女の明晰な叡智は、いつも私を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(令和………新元号に万歳!)

僕はゴンちゃんの(イデア)で忠太郎と言います。 ゴンちゃんが今思っていることや、伝えたいことを僕が僕の口で言います。ゴンちゃんの姿は誰にもその目で確認できないでしょうからね。早い話が、僕をゴンちゃんそのものだと捉えても間違っている訳でもありません。2018年10月にゴンちゃんはこの世を卒業しました。だから夢の中でしか姿を見せられないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(引き出しは引き出すもの)

夜中にふと目覚めた時、読みかけの小説の続きをむさぶり読むのが何とも楽しい。 登場人物の個性的な魅力にとっぷりと溶け込んで、事細かい所作までもイメージして、自分の思い通りのキャラクターを描いている。 少しづつ衰えていく視力を無視して読み進むとわずかな吐き気を感じる。そんなにしてまでのめり込んだ本の内容や人物の名前も、少しばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(母さん!・ゴン!)

柔らかな春の日差しは、久々に母さんとお出かけの僕をより幸せに包んでくれる。2018年10月、僕は現世での全ての役割を終えた。僕の姿形はその儀式を境に消えてしまったのだと誰もが思っている。 でも違うんだ。こっちには「時」と言うものがないんだ。夢でも幻でもなく、此処に僕が居ると言うことだけが「現(うつつ)」としてあるだけなんだ。 母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(将棋の面白さ)

先手2・6歩と打てば、後手8・4歩とくる。次に7・6歩と打てば後手3・4歩と角道を開ける。 日曜日のテレビ将棋の時間が結構待ちどおしい。最初の一手をどうするか興味津々なのだが、じっと将棋盤を睨んで時間をかけたにもかかわらず、いの一番の手は、角道を開けるか飛車の頭をつくか、ヘボ将棋の私と違いはないのだと大いにほくそ笑んだのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(悔いなし)

あの時こうしておけばよかったとか、もっと別の道があったのではないか。 人生の来た道をふと振り返ると、「後悔」と言う言葉が何度か心の隅でもがいたこともあったが、よくよく自分と対峙してみると、その時その時を精いっぱいの判断と決断で生きてきたのだ、何の後悔があろうか。 夢や希望や情熱に支えられた若い時代と違い、人間社会を長く経験し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(3Bとはなんぞや)

茶店で息巻いている女性達の会話は、屈託もなくこれでもかというほど響き渡る。仕切りのない隣席に座ろうものなら、その輪の中に自分が溶け込んでしまいそうである。 聞くつもりは更々ないが、他人の懐へねじ込むように跡を付けた話にも、時に笑えることもある。 3Bという言葉が何度も出てきて、その度に大きな笑いが飛ぶ。3Kならひと頃よく聞いたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(ゴン&母さん)

僕(猫のゴン)はある日を境に、透明人間‥‥‥アツ! 透明猫になったんだ。母さんはとても寂しそうだけどね、でも僕はちっとも変わったわけでは無いんだ。母さんは僕の写真を飾って、いつも話しかけてくれる。僕の姿が見えて無いだけなんだ。 「ゴンはいつも母さんといっしょだよ」 母さんの思いはちゃんと僕に届いているよ。僕だっていつも母さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫のつぶやき(タラ、レバ)

「もしもこうしていたら、もしもこうしていれば」 いわゆる「タラ、レバ」と言う言葉をひと頃頻繁に耳にしたものだが、振り返るほどの時間の猶予などありはしない。 振り返る年月が増えれば増えるほど、「タラ、レバ」もまた膨大であるはずであるが、意外とそうでも無い。どこかで(自分)と言う一人の人間を客観視しながら、その時々的確な判断を下して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more