テーマ:おばあちゃんの不思議なお話

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)⑧

 墓石の中はな、先祖様や、爺ちゃん、ばあちゃん、父ちゃんに兄ちゃん みんなのお骨でいっぱいじゃった。 「なんであの子のだけが・・・・・・・」 そう言って母ちゃんはしょんぼりしていた。 雨の中を来たり、妹に姿を見せたり。あの子は帰る場所をなくして 母ちゃんに助けを求めてさまようておったんじゃろう。 明日は新しいのへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)⑦

 夜になって、母ちゃんがいつものように枕もとで、お伽話をしてくれた。 半分聞きながら、後の半分は今日出会おうた男の子のことを話そうかどう したもんかと考えておった。 「面白うないか?」  母ちゃんには子供の心の中まで解るんじゃなあ。 「昨日来た子な、またきょう出会うたで」 「・・・・・・・・・・・・」  母ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)⑥

 きれいな目をしておった。何の濁りものうてなあ。色白の可愛い子じゃった。 「名前は?」  「年は?」  お家は?」  誰もが聞くことを、ちょっと聞いて みたい気もしたんじゃが、何も聞けんかった。 男の子は言葉を発することはなかった。ただただ黙っているだけじゃった。 どれぐらいの時が経ったのかも分からなんだ。二人に、時間も言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)⑤

 次の日は、昨日の雨が嘘のようにええ天気になって、なにかしら高揚感 に満ちておった。丘の上に行ってみようと思うたわけでもないのに、いつの 間にか足は向いていたんじゃよ。まるで何かに誘われているようになあ。  静まり返った丘の上には、誰あれも人影はなかった。墓石の前に立って この中に兄ちゃんがいるんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)④

 ある雨の日じゃった。その日は一日中降り続いて、外で遊ぶこともできず 物足りない時間を持て余していたんじゃよ。窓の外を時折傘の人が通るだ けの風景にも見飽きてな、そろそろ夕飯の支度をする母ちゃんの側へ行っ て見ようとしたときじゃった。  傘もささず、ずぶぬれになった男の子がこっちを見て立っておったんじゃ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)③

 丘の上は太陽でいっぱいじゃった。墓石もその光の中にあった。 手を合わすと、母ちゃんが小さい声でつぶやいた言葉を、わしは今もよう 覚えちょるよ。 「母ちゃんは、忘れてないでなあ」     誰に言うたんじゃろか? わしは訳が解らんじゃったが、後で聞こうと思うた。母ちゃんは何でもない ようなすっきり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)②

 翌日のことじゃった。空は雲一点ない浮き浮きするような日じゃったよ。 わしは昨日のことが気がかりで、一人で墓所へ行ってみることにした。  丘の上では、風にささやく竹の葉の、なんと賑やかなこと、まるで大勢 の人間が騒いでいるかのようにも思えた。  だあれもいなかった。墓の前に座ってじっと見据えていたが、あの音は 何処から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(あっちから来た子)①

 彼岸に墓参りをした時の不思議な出来事が、今もずうっと忘れられん でなあ どれくらい前のことになるかのう。ばばが子供の頃のことじゃよ。  遠い昔のことにも思えるし、たったこの間のことにも思える。思いが深 いほど、最近のことのように、鮮明に残っておるもんじゃなあ。  家からそう遠くない丘に墓所があった。丘の上に登ると、海の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(子守唄をもう一度)⑤

 毎晩などと贅沢は申しません。これから先、許されるならば、子守唄を 歌って頂きたいのです。そうすれば、この子たちの将来に大きな希望と、 幸せの光が見出せます。  たとえ、それが叶いませんでも、皆でこの窓の下に集合して、我ら一族 の融和を図り、平和で愛ある生き方を追求していこうと思います。  リーダーの真剣な態度に、なんでわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話(子守唄をもう一度)④

 窓の下には、数えきれんほどの蛙で埋め尽くされておった。これだけの蛙 がいったい何処から来たんじゃろうかと不思議でならなんだよ。 彼等はな、きちんと整列して座っておった。  「ようきたなあ、わしの歌が期待外れにならにゃいいがなあ」  「とんでもないです もったいないことです」  リーダーはよく通る声で頭を下げた。わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話 (子守唄をもう一度) ③

 蛙のリーダーはええ顔をしておった。一族の幸せについて語る心の奥深さ その力強さ、鋭い目に漂う優しさ、まさにリーダーに相応しいと思った。  「年を重ねるとなあ、声もかすれ、大きな声さえ難しゅうなってな」  常々思うておることを愚痴ってしもうた。だがな、リーダーは偉いと思うたよ。 人間でさえなかなか あのように整然と言える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話 (子守唄をもう一度)②

 「子守歌がどうかしたかえ」 わしは窓から顔を出して下へ向かって言った  「・・・・・・聞きたいんです」  いやいや 呆気にとられたよ リーダーの弁舌はなかなかのものだった。わしは窓をいっぱいに開けた。  私どもの世界もだんだん厳しくなってまいりました。見渡す限り田圃が広が っておりました頃は、一せいに合唱しますと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話 (子守唄をもう一度)

………ねんねんころりよ おころりよ 坊やは良い子だねんねしな       坊やのお守は何処へ行た  あの山越えて 里へ行た         里の土産に何もろた  でんでん太鼓に、しょうの笛           起き上がり小法師に  振り鼓              叩いてやるから  ねんねしな  ………… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話 ①ー3

 山道を下りながらも、耳元で水の音がさわさわと鳴っているような気がした あの子達は何だったのだろう、何か言いたかったのではないか。 おばあち ゃんは家に着くまで黙って考えていたよ。 「この世に生れて来ることが出来なんだ子や この世の入り口で息を引きと  った子 お母さんに抱かれることもなくすぐにあの世へ帰った子供達の魂  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの不思議なお話 ①ー2

 しばらくその生き物に見入っていると、次第に大きく見えてきたんじゃ。 目を離すとまた元の小さな姿のままなんだよ。 おばあちゃんの目が虫眼鏡になったのかと思えた。だが違う 違うんだ その生き物のせいだと分った。米粒よりも小さな生き物を、虫だとばか り思いこんでいたが、虫じゃない。手も足も人間とそっくりじゃった。違うの は首か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんのふしぎなお話 ①

 おばあちゃんのお話が始まるというので、近所の子供達がやってきましたぞ 今日はまたどんな話が飛び出すのやら。わしも後ろの方で聞くとするかな。 ほれほれ 今日のおばあちゃんはまた一段とべっぴんさんじゃ。目も輝いてお る。とても九十を超えておるとは思えんがなあ。    みなええ子じゃのう 今日は不思議な不思議な話じゃよ。きょろきょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more